福徳稲荷社

所在地 高尾山1号路 飯縄権現堂脇
祭 神 ダキニ天(稲荷神)
ご利益 商売繁盛

この鳥居をみて、これが「神社ではないと思え」というのも無理があると思いますが、じっさいにここの神様をお祭りするのは薬王院の僧侶達なので致し方ありません。

ここの福徳稲荷にはダキニ天という女神が祀られています。愛知県豊川市や東京都赤坂の豊川稲荷、岡山県岡山市の最上(さいじょう)稲荷などの祭神と同じで、このお稲荷さんは基本的に寺院に祀られています。
稲荷の神様は一般に仏教系ではこの女神であるダキニ天、神道系では老翁の姿で現れます。共に稲束を持ち、眷属(神のお使い)である狐や蛇を従えています。

ダキニ天の場合は必ず白狐に乗っています。じつはこの神は薬王院のご本尊である飯縄大権現のルーツとなる神でもあり、飯縄大権現も同じ白狐に乗っているのです。
ですから福徳稲荷は飯縄大権現にとっては母神にあたるといっても良いと思います。この神は弁財天とも深い関わりがあり、場合によっては同じ神として(習合といいます)信仰されています。

明治時代につくられた高尾山の地図に「福徳稲荷」の名は見あたりませんが「ダキニ天社」はちゃんと記入されていますのでこの社(やしろ)のことと思われます。
毎年初午(はつうま)の日に「福徳稲荷祭」が執り行われています。

稲荷様は現在では商売繁盛の神とされていますが、豊穣や火伏せ(火防)の神様としても信仰されていました。じつは平安時代には恋愛成就の神様でもあったのです。
鳥居の上に小石を放り投げて、上手く乗ると願いが叶うといわれています。

ダキニ天信仰には「ダキニ天法」という邪法がありました。
これは質の低い修験者や巫女が狐を使って未来を知り、望みを叶える呪法で、じつは江戸時代に禁じられていたのです。
ですからダキニ天はあまり良いイメージの神様ではなかったのですが「福徳稲荷」と銘々したのはその負のイメージを払拭する目的があったのかも知れません。

小さい社ですが、彩色されていてなかなか綺麗です。薬王院でも大切に祀っていることが伝わります。私もこの社が非常に気に入っています。
ここのダキニ天のおふだは飯縄権現堂横の売店にしか売っていません。
お坊さまに伺ったところ、残念ながら薬王院にはダキニ天像は存在せず「福徳稲荷」のお社には幣帛(へいはく)がお祀りしてあるだけということです。

奉納された狐がいっぱい並んでいます。
稲荷神が主祭神の寺社に比べれば規模は小さいとはいえ、見方によってはかなり怪しい。
そこが気に入っているわけです。

平成20年の初午の日は2月12日でした。
雨にも関わらず熱心な信徒(商売繁盛を願う女将でしょうか…)が参拝しておりました。

初午の日、供物や幡で華やかに飾り立てられたお社。
普通の稲荷社の場合、奉納幡は「正一位」などと染め抜いた赤一色なのですが、さすがにここでは五色の奉納幡で寺院カラーを出していました。
前の方に赤い布に包まれた御符のような幣帛が見えます。ここに「福徳稲荷」の神霊が降りてくるのです。白狐の霊だという説もあります。

HOME  NEXT  BACK  MAIL