新井薬師 梅照院

所在地 中野区新井
祭 神

薬師如来、如意輪観音

ご利益 子育て、眼病、厄除け

通称「新井薬師」、正しくは「梅照院(ばいしょういん)」というお寺です。
本尊は薬師如来と如意輪観音ですが、じつは二仏一体(二体の仏さまが背中合わせに彫ってある)の黄金仏で、高さはわずか5.5センチほどだそうです。
なんと弘法大師の作だと伝えられています。

この黄金仏は、もともとは鎌倉時代の武将・新田氏の守護仏だったのですが、戦乱のさなかに新田家の仏間から光を放って消えてしまったということです。戦を嫌ったのでしょうか。

その後、行春(ぎょうしゅん)という僧が、清水の湧き出る中野区新井の地に庵(いおり)を結んで修行していたところ、庭の梅の木が夜毎に光を放つようになります。
そして不思議なことに梅の木の穴から新田家から消えた尊像が出てきたのです。
そこで行春はこの黄金仏を本尊として梅照院を建てました。
それは天正十四(1586)年三月二十一日のことだと伝えられています。

江戸時代に入り、二代将軍・徳川秀忠の第五子・和子が悪質な眼病に罹ったところ、この薬師如来に祈願して快癒。
また、如来の啓示を受けて小児薬を調整したことなどから「眼の薬師」「子育て薬師」などとよばれるようになりました。

境内の隅にはたくさんの石像がまとめて祀られています。庚申塔もありました。

現在でもここの水は霊験新たということで、多くの人がペットボトル持参で汲みにきます

 

山門を出た境内のはずれには豊川稲荷の小社がありました

こちらは聖徳太子ご幼少の頃の像。
昼間からオアツイお二人さんが解説版を熱心に読んでおりました。

HOME  NEXT  BACK  MAIL