貧乏神神社 亀戸分社

所在地 東京都江東区亀戸
祭 神 貧乏神
ご利益 脱貧乏、災禍転福、開運

有名人も取材に訪れ、雑誌やテレビでよく紹介されているユニークな神社です。ちゃんと祭主さんもいます。
本社は信州飯田市大瀬木にあり、ここ亀戸分社はショッピングモール「サンストリート」2階の一角にあります。

民俗学的には、貧乏神とは疫病神のお仲間とみられていますが、当神社での貧乏神とは「自分の中にいる弱い心」と解釈されていて、お詣りは一種のストレス解消やプラス思考への転機・転換への第一歩とされています。
災禍転福の極意書がグッドです。

お詣りの方法も独特なもので
 1「貧乏神退散!」と念じてご神木を思い切り3回叩く(下写真)
 2「貧乏神出ていけー!」と念じてご神木を3回蹴飛ばす
 3「貧乏神飛んでいけー!」と念じてご神木の脇に置いてある袋に逃げ込んだ貧乏神を思い切りザルの的に向かって投げつける
 …という作法になっています。わからなくても祭主さま(下写真ご神木を叩いている方)が丁寧にご指導してくれるので安心です。

決して裕福とはいえない私としては、ぜひとも参拝しておきたかった神社。祭主さんとの会話が楽しかった。
どういうわけかここにきた翌日から熱を出してしまった…私の身体が貧乏神と戦っていたらしい。

貧乏神神社が私たちの心の中に住む貧乏神を預かってくれます。
貧乏はお金ではなく心の問題というわけです。

退散箱(賽銭箱)にへばりつく、なんともかわいい貧乏祓いのお手伝い人形「貧次郎(右)」と「貧太郎(左)」。
角が生えているし、どう見てもこの二人はビンボー神そのもののように思えますが…とにかく背中を向けてお祀りするのがポイント。
もちろん我が家にも貧次郎くんをお招きしています。

こちらはマグネット・シール。
他にも災禍転福の教えが書いてある巻物や財布に入るカードなどユニークな脱ビンボー・グッズが揃っています。

下の歩道から見た貧乏神神社。
ショッピングモールのオーナーが「憩いの場」として勧請(かんじょう=神様をお招きすること)した。
それまでは若者の溜まり場だったそうで、貧乏神が不健全な雰囲気を一掃してくれましたとサ。

HOME  NEXT  BACK  MAIL