飯綱山 西窟

所在地 長野県飯綱山山頂
祭 神 飯縄大明神(いづなだいみょうじん)
ご利益

飯縄法発祥の地。(通力自在)

里宮、奥宮と紹介すると、この西窟を無視できません。飯縄大明神、飯縄信仰の発祥の地は、まさにここだと言われているからです。

飯綱山への信仰の歴史は古く、第十五代応神天皇の御代(270年頃)、山頂に天神大戸道尊(あまつかみおおとのじのみこと)を祀り、飯縄大明神と称したのが起こりだといいますが、その後、平安時代の嘉祥元(848)年、学問行者が入山して大日如来の尊容を拝したといいます。

鎌倉時代に入り、天福元(1233)年、信濃国萩野(現信州新町)の地頭、伊藤忠綱 が神告によって入山し、千日の修行の後に飯縄大明神を感得しました。また、忠綱の子・盛綱も入山し、クダ狐を使役して望みを叶えるという妖術・飯縄の法や飯縄大明神を奉じる飯縄信仰を確立して全国に広めたのです。
ただ、原初的な飯縄の法は、忍術に近い武術だったと思います。一般にこの親子を千日豊前、千日太夫と呼んでいます。二人合わせて400年も生きたといわれますが、実際は何代かに渡っていたと思われます。

そのような修験者達の修行場が、この西窟だったといわれています。近くには山頂にもかかわらず、一年を通して枯れることのない「神の井」もあります。

現在の綱山は小学生でも遠足で登れるほどポピュラーな山ですが、一人で歩くと結構寂しいものがあります。ましてや、レジャーなどという観念のなかった当時、水に溶いたわずかな蕎麦粉だけで何日間も(一般には二十一日間)ここに籠もる行為は、まさに「死」を覚悟した苦行だったと思われます。

上写真鳥居の奥、西窟で一番大きな祠。破風(屋根に当たる部分)にはかすかに武田氏の紋(武田菱)が残っており、武田氏が飯縄大明神を信仰していた事がうかがえる。中にミニ飯縄大明神が見える。
上写真の祠は昨年('06年)雪のために崩れてしまったが、土地の方達が修復してくださった。これは修復後の祠に祀られているミニ飯縄大明神。西窟は主に戸隠村の氏子さん達が管理しているらしい。

近くには多くの小祠が風雨に曝されています。ほとんどの祠は西を向いていますが、これは西方浄土信仰からだといいます。

草をかき分け、土地の方に案内していただいて確認した「神の井」。前回一人で来たときには発見できませんでした。こういう場所は夏草が繁ってしまうと、土地勘の無い人にはなかなか発見できません。

HOME  NEXT  BACK  MAIL