ぞえじいコレクション2(無価値なレトロ・テイスト)

ど〜しても気になるモノ

かわいい小坊主さんがお薦めしています。看板は新しいのですが、なかなかのレトロ感。実に直接的かつトラディッショナルな手法で、変にスカシているより好感が持てます。

新宿花園神社に奉納されている絵馬です。東京・大阪・福岡の文字と飛行機の絵がすごくイイ。

数年前、出版社(宝島社)の方からいただいた手拭い。大切にしているので汗などは拭きません。
それにしても、よくぞ私にくださいました! …というより、私が一番喜ぶことをご存知だったわけですね。 ついにH/Pデビューです。

母の荷物を整理していたら(まだ健在です)押入の奥から新品の綿が出てきました。昔はこれを入れ替えてで古くなった蒲団をリニューアルしていたのです。綿の塊ですから一辺が4〜50センチほどの立方体で、これはそれを包んでいた紙に貼ってあったラベルです。こちらは一辺が30センチほどのものです。
蒲団=新婚という、かなり直接的な連想をさせる社名と商品名がイイんじゃないでしょうか。デザインもかわいい。

これも母の荷物の中から発見。ハーフサイズの手拭いです。「酒悦」のおまけなのでしょう、よいデザインです。

同じく「酒悦」のおまけなのでしょう、イラストが見やすいようにトリミングしてしまいましたが、やはりハーフサイズの手拭いです。未使用ですが一部シミがついて黄ばんでいます。

これはイラストではないのですが、あまりにも面白いので掲載しました。キャッチもゴキゲン!。
サンケイ新聞社のおまけ冊子で『すぐ役に立つ 家庭の医学 くらしの百科・30』の表3(裏表紙の中面)で
京葉最大のショッピングセンター「駅ビルきんし町」
映画と温泉!「 東京楽天地」
の広告です。発行日が不明なのが残念です。今でこそ錦糸町の駅ビルは「テルミナ」とよばれていますが昭和40年代には「駅ビルきんし町」という名だったそうですから、この頃の広告(「4月17日 全館完成」の文字あり)だったと思われます。
かつて錦糸町あたりには有名な「おいてけ堀(錦糸堀)」があったそうです。それを知って「淋しくなったらきんし町へ行こう!」というキャッチを読むと、まさに隔世の感ありですね。

これもイラストではありませんね。看板っていうんでしょうか、商品名っていうんでしょうか…。どこにあるかというと由緒正しき「箱根神社」の境内です。神官とか巫女さんがお客さんにお祓いでもしてくれるっていうのなら納得できますけどね。残念ながら休業中でしたので未確認です。
食したことのある方、いらっしゃったら情報をくださいませ。
 
 
 
   
   
   
   
   


HOME  NEXT  BACK  MAIL