●ZOE's REVIEW 「こんなんが好きザンス ただいま26

陽気で楽天的! ナイーブでセンチ! セクシーで思索的! 
…これがブラック・ミュージック=黒人ポップスの魅力だ

アーティスト索引 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

ぞえじい編集の『ブラックミュージック 名盤 入門!』まえがきより
 ブルース、ジャズ、リズム&ブルース(R&B)、ゴスペル、ソウル・ミュージック、ファンク、ヒップ・ホップ、ラップと支流を分けつつ激動するブラック・ミュージックの大河が、世界のポップス・シーンに多大な影響を与え続けていることを否定する人はいないでしょう。
  しかしいまだに「ブルースは嘆きの歌」「ソウルは魂の叫び声」と決めつけている人も多い。この先入観は間違ってはいないけれど、決して正しくはありません。本誌を読んでいただければ、この魅力溢れる音楽の多様性をご理解いただけると思います。本誌では、主に50〜70年代のブラック・ミュージックのメインストリームのさわりをご紹介しますが、選盤にあたっては桜井ユタカ氏にお願いし、限られた誌面の中で「これだけ押さえておけば、あなたもブラック・ミュージック通」と断言できるほどの名盤ばかりをご紹介しています。
  さらに「興味があるから聞いてみたい」と考えておられる入門者から、ある程度聞き込んでいるマニアまで納得いただけるよう厳選していただきました。 
 ゴスペラーズの村上てつや氏が対談の最後で語っているように、もし興味のあるアーティストのアルバムをレコード店で目にしたら、まず聞いてみてください。そしてそれを機にブラック・ミュージックの魅力に巡り会っていただければ幸いです。



2004年1月20日に宝島社から発行された「ブラックミュージック 名盤 入門!」から私が担当したレビュー。
*文末に(HS・Z)とあるのは鈴木啓志氏との共筆
MIXYなどに一度発表したことのあるレビュー(文章を追加してあります)。
書き下ろし〜。
*モノクロの写真は本に掲載したままのデータを使用しているためで、徐々にカラーに差し替えます。

 

HOME  NEXT  BACK  MAIL