A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

Roy Head And The Traits / Ruth Brown

Roy Head
And The Traits

BLUE EYED SOUL 敬虔なブルース・ファンからはお叱りを受けるかも知れないが、ロイのように肩の力の抜けた…というよりブルースやR&Bの、ある種の重さをムリに取り入れようとせず、白人ムキだしの声で脳天気に演奏して歌っている姿勢はとても好感が持てるし、聞く方もお気楽な気分で聞き流せる。ブルースも演奏するが幸か不幸か軽い。しかもそれほど上手くない。しかしブルースからR&Bが派生し、それがどういう過程を経てR&Rやロッカ・バラードにたどり着いたかを目の当たりにすることができる。『Treat Her Right』以外にも隠れた名曲『Mama Mama』があり、この曲を日本の某R&Bグループが日本語で演奏しているのには驚いた。

*これは『初めてのブルース!!(富士美ムック)』に書いた唯一のレビュー(私の編集本)。文中の「日本の某R&Bグループ」とはもちろん私のグループです(知り合いから「図々しいな」といわれましたが、まぁ、それだけこだわっていたということで…)。その後のロイ・ヘッドはカントリー・シンガーとして活躍したらしいが、彼のアルバムは入手できず。『Treat Her Right』は映画『ザ・コミットメンツ』のアタマで流れていた、あのカッコイイ曲です。

Singin' Texas Rhythm & Blues (CD)[Pヴァイン PCD 1610]

Ruth Brown

R&B 1928年、バージニア生まれ。この2枚組CDは89年にアトランティックからリリースされた49〜60年の曲をカヴァーしている。ほとんど同じ時代に同じレベールで活躍したラヴァーン・ベイカーに比べると、多少大人のムードが強いか。
49年8月に『So Long』を出してR&B部門4位。私の好きなR&Bバラード系だ。時代的にブルース色が強いが唄い方はストレートで力強く、こぶしにちょっとクセがあるが嫌味じゃない。よく仕事で深夜になると引っぱり出して聴き流してます。ジャズヴォーカルほど媚びてないから楽なんですね。『I'LL COME BACK SOMEDAY』と、ご存知SENTIMENTAL JOURNEY』はデルタ・リズム・ボーイズのおしゃれなコーラス付き。比較的軽く軽快に歌った『TEARDROPS FROM MY EYES』は50〜51年にかけてR&B部門で初の1位。ノベルティーっぽい曲も多いが、そのテはラヴァーンの方が一枚上のような気がします。ただし、『BE ANYTHING』などのバラードはルスのほうが力が抜けていて良い。ドリフターズから独立したばかりのクライド・マクファターとのデュエット『I GOTTA HAVE YOU』『LOVE HAS JOINED US TOGETHER』なども当時としてはずいぶんモダンだったろうと思う。
それにしても、何だか修正に失敗したみたいなジャケットはちょっと不満。

Miss Rhythm(CD)[ATLANTIC/82061-2]
Disk1 1SO LONG
 2 HEY PRETTY BABY 3I'LL GET ALONG SOMEHOW (Part I ) 4I'LL COME BACK SOMEDAY 5SENTIMENTAL JOURNEY 6R.B. BLUES 7TEARDROPS FROM MY EYES 8 STANDING ON THE CORNER 9l'LL WAIT FOR YOU 10I KNOW 11DON'T CRY 12THE SHRINE OF ST. CECILIA 13IT'S ALL FOR YOU 14SHINE ON 15BE ANYTHING 165-10-15 HOURS 17HAVE A GOOD TIME 18DADDY DADDY 19 MAMA HE TREATS YOUR DAUGHTER MEAN 20WILD WILD YOUNG MEN
Disk2 1EVER SINCE MY BABY'S BEEN GONE 2LOVE CONTEST 3OH WHAT A DREAM 4OLD MAN RIVER 5SOMEBODY TOUCHED ME 6MAMBO BABY 7I CAN SEE EVERYBODY'S BABY 8AS LONG AS I'M MOVING 9IT'S LOVE BABY 10I GOTTA HAVE YOU 11LOVE HAS JOINED US TOGETHER 12I WANNA DO MORE 13LUCKY LIPS 14ONE MORE TIME 15THIS LITTLE GIRL'S GONE ROCKIN' 16WHY ME 17I CAN'T HEAR A WORD YOU SAY 18I DON'T KNOW 19TAKIN' CARE OF BUSINESS 20DON'T DECEIVE ME


 
   
   

HOME  NEXT  BACK  MAIL