東京「消えた山」発掘散歩 よりカラーバージョン+α(本紙86〜89P)
05-3 椿山と水神宮

椿山は現在の椿山荘といってもよい。しかし庭園は一般に開放されている

伊藤若沖の下絵による羅漢石が良い
羅漢石は20体ある
古香井(ここうせい)からは秩父水系の水が湧く

階段の手すりにまで趣向が凝らしてある

椿山荘の脇にある胸突坂。左に芭蕉庵、右に永青文庫があり文化の香りが漂う
ご覧の通りの急な勾配
神田川脇の水神宮境内から見た胸突坂
幸神社には金の駒の伝説が残る
江戸川公園は斜面に造られた児童公園。階段ランドと名付けました
上から降りてくると終点がすべり台になっている。楽しい!
一転して新江戸川公園は斜面を利用した日本庭園
いくつもの目白台の斜面を楽しめる

HOME NEXT BACK MAIL