東京「消えた山」発掘散歩 よりカラーバージョン+α(本紙90〜93P)
05-4 富塚古墳と高田富士

水稲荷本殿の裏に富塚古墳がある。同じ境内の高田富士に比較して地味だが、歴史はこちらが古い

古墳らしく狐穴もあって筆者の趣味である
一方の高田富士は安全を考慮してか手すりが目立つ。これだけ頑丈に取り付けられると富士山の全体像が把握しづらいが致しかたなしか…開山の日(特に夜が賑わうので)には酔っ払いが多いのかも知れない
立派な烏帽子岩

狭くて急な下山道も手すりのおかげで安心ではある

メイン登山道から外れたところに修験者の姿をした天狗が…ホントは立入禁止ですスイマセン
お隣の庭園「甘泉苑」から望む高田富士。本来高田富士は甘泉苑の一画にあったはずだが、現在は無粋で不愉快な(しかも醜く歪んだ)金網で隔てられている。金網や手すりばかり目立ってムードはないが、ここから見上げると高さは感じる
甘泉苑には滝や池があるので白糸の滝や富士五湖を楽しむくらいのおおらかな気分に浸るしかないか…

HOME NEXT BACK MAIL