東京「消えた山」発掘散歩 よりカラーバージョン+α(本紙124〜127P)
07-2 御殿山と品川牛頭天王社

品川駅ホームより八ツ山橋を望む。御殿山の面影は全くない

八ツ山橋周辺から見た三菱地所の「関東閣」。かつての御殿山の一部といわれるが立入不可
森トラストが管理する御殿山庭園
御殿山庭園

御殿山庭園の滝のオブジェ。渓谷の雰囲気が現代アート風にアレンジされている

御殿山通の高架橋。左の森が御殿山公園
かつては品川牛頭天王(ごずてんのう)社とよばれていた品川神社の正面。東海道五十三次にちなんでか偶然か、石段は五十三段である
階段の途中に品川富士への登山道がある
胎内洞窟には役行者(えんのぎょうじゃ)と前鬼(ぜんき)・後鬼(ごき)が
崩れそうに見えるが、しっかりと固められている
海は見えないが東方面の展望は非常に爽快だ
ここまでダイナミックな展望が楽しめる富士塚はめったにない

HOME NEXT BACK MAIL