工事中 工事中

マンガを紙媒体と電子書籍のどっちにするか?最適解はこれ!

こんにちは、アラフィフ爺です。

電子書籍という言葉もすっかり馴染んできた世の中ですが、まだまだ本を買う際には紙媒体を当たり前に選択する人が多いと感じます。

私はと言うと一昔前にビジネス書を電子書籍でお試し購入してみて、実際に1冊読んでみましたが、案の定、読みにくかったという感想を持ちました。

時代が私に追いついてないのか、私が時代について行けないのか。

わざわざ使いにくい方法を選んで、自分の心に嘘をつくことが本当にいいのだろうか?

この記事では、マンガを紙媒体と電子書籍のどっちを買えばいいのか、まとめてみました。

目次

マンガを電子書籍で買うきっかけとなる出来事

私がマンガを電子書籍で買ったきっかけは、2021年3月25日から始まったDMMブックスのセールになります。

DMMブックスがやらかした初回100冊まで70%オフセール

当初は6月末までのセール期間でしたが、あまりにも反響が大きすぎたため、急遽、4月12日まで短縮されたあのセールです。

後で知りましたが、およそ60億円もの損失を出したそうです・・。

このセールの失敗の原因は、割引額の上限を設けなかったことです。

※反省を踏まえて、その後のDMMブックスのセールでは、キチンと上限額が設けられています。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】

100冊までという冊数の制限では、不十分だったということでしょうね。

というのも、私自身は何の迷いもなく100冊全てマンガを買おうと考えましたが、実はDMMブックスではビジネス書も扱っているからです。

ビジネス書で100冊ともなれば、そこまでは私にも選べませんが、マンガなら10巻単位で考えたらあっという間ですからね。

DMMブックスのトップページは、マンガしか取り扱っていない雰囲気なので、誤解されても仕方ないのかもしれませんね。

DMMブックスの複数アカウントを新規作成

DMMという会社はもともと知っていましたが、夫婦二人ともアカウントを持っていませんでした。これを機に夫婦それぞれが自分のDMMアカウントを新規作成したのです。

DMMと言えばエロで稼いでいる会社という印象が強かったのですが、様々なサービスを提供しており、CMもバンバンやっていますので、アカウントを作ることに迷いはありませんでした。

ちなみに、このセールの話題をマンガ好きの妻に振った際、間髪入れずにDMMのアカウントを作成したので、その素早さには驚きました。

それほどDMMブックスのセールは魅力的だったということが言えます。

DMMブックスでマンガを電子書籍200冊購入

単にセールと言ってもそこまで興味はありませんが、70%オフという言葉はかなり強く胸に刺さりました。

その証拠に、夫婦がそれぞれ好きなマンガを迷うことなく100冊ずつ買うことを前提に作品を吟味していたのです。

マンガ好きなら分かると思いますが、100冊なんてあっという間です・・。

セールをきっかけに電子書籍のマンガを買ってみる

このように、セールをきっかけにして大量にマンガを電子書籍で買うことで、後押しされることになります。

是非、マンガを電子書籍で考えているならば、セールをチェックの上、検討してみてください。

本のうちマンガから紙媒体を電子書籍へと切り替える

個人的には、全ての本を電子書籍に移行したいと考えてはいます。

しかし、活字が多い書籍の場合は、紙媒体の方が読みやすく感じているので、全てを電子書籍に移行するのは現実的ではないのかもしれません。

とは言え、マンガについては電子書籍も悪くなかったので、マンガから電子書籍へ切り替えればいいと考えています。

出来るところからやる、ということです。

まず、

今後、購入するマンガは、原則として電子書籍で買う。

ということを基本方針としました。

電子書籍のメリット

収納スペースの面が一番大きいですが、費用面でもメリットは大きいです。

紙媒体の書籍のセールというのは、通販サイトくらいしかほとんど聞きませんが、電子書籍の場合は現物を郵送するということがありませんので、セールの機会が多い印象です。

いきなり全てのマンガを電子書籍にできない理由

マンガから電子書籍へ切り替えるとしても、マンガの中でもいきなり紙媒体はなくせません。

それは、すでに紙媒体で買ってきたマンガの存在があるからです。

完結したマンガ

紙媒体のまま保管しており、電子化するには、自炊をするか電子書籍で買い直さなければいけなくなるので、費用が余計にかかるため、すぐにはできません。

連載中のマンガ

例えば、1巻から30巻までを紙媒体で持っている場合、

① 31巻以降も紙媒体で買うか
② 31巻以降から電子書籍で買うようにするか
③ 1巻から30巻までを電子書籍で買い直すつつ、31巻以降もも電子書籍で買うか

といった判断をしなければなりません。

これについては③が理想です。

しかし、費用面を考えれば、31巻以降も紙媒体で買い続けるという①が現実的です。

やはり同じ作品なら同じ媒体でまとめておく方が管理は楽だからです。

マンガは紙媒体と電子書籍とで共存すればいい

このように、どうしてもマンガは紙媒体と電子書籍とで共存することになるため、無理にどちらかへ寄せてしまうことを考える必要はありません。

どっち派みたいに派閥争いをするのはナンセンスであり、紙媒体と電子書籍を上手に使い分けることがベターです。

なので、自分なりに簡単なルールのようなものを決めておけば分かりやすいです。

新たにマンガを買う場合の考え方

今後、新たにマンガを買う場合、紙媒体か電子書籍かの目安は次のような形がおすすめです。

マンガを紙媒体で買う目安

家族で共有したい作品かどうか。

紙媒体の本を回し読みするのが手っ取り早いです。

紙媒体+電子書籍のダブルで買うに値するほど愛着のある作品かどうか。

愛着のある作品は、仮に処分してしまっても再び買い直すことは想定できます。だったら、紙媒体を持っていても、電子書籍でダブルに買っても、読書用と保存用みたいに考えることもできます。

マンガを電子書籍で買う目安

自分しか興味がない作品かどうか。

自分のことだけ考えればいいので、迷うことなく電子書籍で買えば自己満足できます。

エロマンガ

・・言わずもがなですね。

マンガを電子書籍で持つようにしたい理由

個人的には、いわゆる終活というか、老後のことを考えてしまいます。

入院をしたり、老人ホームへ入所することになったり、いつまでも紙媒体のマンガを読むことは、きっとできなくなってくると考えたりします。

物体としての紙媒体が少なければ、きっと様々な苦労も減るだろうという思いがあって、電子書籍に前向きでいるということです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次